B-5判サイズ

販売価格

3,240円

SOLD OUT

使い方は、いろいろとお話しを聞いております。


代表的な方法として、左手にこのカードを持って頂いて右手の掌を調子の悪いところにかざしたり、直接右手の掌をのせるという方法もあります。

左手と右手の違いは、よろしければ当院ホームページの弘祥の一人言の左手と右手左手と右手2を御参照下さい。



パワーカード誕生のお話し。

自分が普段患者様に中継している氣エネルギーを封入したカードタイプのものです。サイズは、いろいろあります。
自分と10年を越えて親しくさせて頂いた茨城県の現、坂東市(旧 猿島郡猿島町)でセラピー療術院をされていて当時、世界的に御活躍された故忍田光院長先生が、生前同じ物を作っておりました。

忍田先生と初めて、大阪の柏原市でお会いさせていただいた時に名刺を利用されて作られた手製のカード(パワーカード)を御希望の方々に販売しておりました。

初めて見たときは、「目から鱗」でした。と言うのは、自分も当時、一部の患者様に頼まれて名刺に「氣」を入れてお渡ししておりました。しかし、名刺は、紙製なのですぐ傷んでしまうのが難点でした。ビニールのクリアケースに入れたり、真ん中が割れていて当時、中にバスなどの定期券を入れて使ったプラスチックの透き通ったものに入れたりしましたが、柔らかいビニールは、使っているうちにだんだんと中の名刺が折れ曲がったり、プラスチックの硬いものは、割れてしまったりで、何かしらええ方法は、ないかと思ってたところでしたので忍田先生のパワーカードを見てこれだと思った次第です。

翌日、熊野に帰り朝を待ち遠しく待って幼稚園の時から親友の文房具屋の友人にパウチする機械を朝一番に問い合わせました。機械がお店にあるということで、早速持ってきてくれたので、自分のカードもパウチしてみました。友人や当時、当院に勤めてくれていた氣に敏感な助手が見守る中、第1号のパウチで作ったエネルギーカードが、出来上がりました。


友人や助手に手に取ってもらい感想を聞いたら、友人は、

「なんや、これ、ひろあき(弘祥の本名です)、このぬくく感じるのは、…」

「氣のせいか」

「何や、持ってると不思議とあったかく感じるぞ」


氣に敏感な助手は、前の日の大阪の忍田先生のセミナーのお土産に忍田先生のカードを渡していたので、

「同じように、感じると」話してくれました。

忍田先生の完全な真似でしたので、数ヶ月後、奈良の三郷でお会いした時に、「忍田先生、すみません、先生の真似を致しました。」と詫びながら申し上げると先生は、弘祥が作ったカードを手に取って下さり、
「同じ物が出来てるよ。」と
「患者様方に、配ってあげたら如何ですか?」
と話してくれました。

また、お昼休みの時には、当時忍田先生の出張の折いつも随行されていらっしゃった娘婿の田中先生も自分のエネルギーカードを手に取って下さり、忍田先生のカードを作っていて分かったこととおっしゃって話しをして下さり、そのことは新たなヒントになりました。

そうして、それ以来、患者様を中心に多くは、患者様の口伝えで、御希望の方々にお分けして参りました。

一部の方には、お待たせいたしました。今日から、こちらでも販売させていただきます。どうぞ、よろしくお願い致します。


今まで頂いている感想

   


人間の治ろうとする力(自然治癒力)働いた時、教科書に書いてないことが平氣で起こる…
自分は、初回から何回か手当ての後、その延長で診察券に氣を入れて差し上げて、患者様が、いつでも、患者様自信で、自分の手当て出来るようにお膳立てする時があるのですが、ここに奇跡的にそれで、良くなった方々から頂いたお写真を載せることにします。まず、一つ目です。

まずは、手の突き指の重傷の方、受傷して直ぐにかからずに少し経過して診てもらった専門医は、「もう、治ることはない…このままです。なぜ、もっと早くここに来なかったのか…

そして、芝下の元に来てくれました。第一声は、何とか治りませんか…また、ピアノを弾きたいんです…

それで、急ぎ治る環境を整えました。その人の治る力(自然治癒能力)が、最大限の力を発揮出きるよう環境を整えさせて頂きました。

そのために当院では、氣整体、DRTの手当て、光線をして、自宅では、普段は、診察券に氣を入れるのですが、ちょうど作った氣を入れたカード(写真は、名刺の半分の大きさの半名刺版カード)を渡して使い方を伝えておうちでしてもらっておりました。

何回か手当ての後、多忙もあってみえなくなっておりました。数ヶ月経って娘さんの不調で付き添いでみえられて、娘さんの手当て中にお母さんの指を思い出して、お聞きしたら「あっ、先生に直ぐに伝えないといけなかったのに…」「先生、おかげさまで、治りました」…、と指を出されて、見て絶句、自分も正直、鳥肌が、立ちました。見事に、真っ直ぐに治っておりました。
「先生、おかげさまで、また、ピアノが弾けるようになりました」… 人間の身体って素晴らしいです。


そして、もう一つ頂いた感想
   


 人間の治ろうとする力(自然治癒力)働いた時、教科書に書いてないことが平氣で起こる…その第二段のお話しは、乳腺炎です。
この患者様は、以前、天ぷら油で火傷したことがありました。…、
火傷は、その日傷められたところの手当をして身体に物理療法をしようとした際に、偶然に火傷を見つけました。詳しくお話しを聞いてから急ぎ手当したところ、その後、跡形もなく綺麗に癒えたことがありました。

そんな経験を思い出してくれて、今回は乳腺炎で当院におみえ下さいました。

手当前は、乳腺炎のしこりは、鶏卵大の大きさでした。DRTの後、触氣功にて氣を当てておりましたらゴルフボール大の大きさまで、小さくなっておりました。

それからその後、連続して2回の手当後、自分は、診察券に氣を入れて差し上げました。患者様が、いつでも、患者様自信で、自分の手当て出来るようにするためでした。

そして、患者様は、自宅で左手で氣の入った診察券を握り、右手を患部の乳腺炎のしこりに手をおいて、頑張られてゴルフボール様だったしこりは、鶉うずらの卵大になりやがて消えたと報告をもらいました。

診察券に氣を入れる要領で作るのがこのカードです。


B-5判 

B-5刺の大きさがあります。いろいろな使い方が、出来ると聞いています。

銀行振込(先払い)か ゆうちょ振替(先払い)か 現金書留 のいづれかの扱いとなります。どうぞ、よろしくお願い致します。